Nerdyな人が増えて来た喜ばしい日々
by nerdy
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
アバド&ポリーニのノーノ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ペライア&メータのショパ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ/ショパン・リサ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニのドビュッシー:..
from クラシック音楽ぶった斬り
アシュケナージのシューマ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ブレンデルのシューマン:..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ&アバドのブラー..
from クラシック音楽ぶった斬り
カラヤンのシューマン:交..
from クラシック音楽ぶった斬り
リヒテルのシューマン:ピ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧
サイレント ピアノ
ふとした事から知り合った日本人駐在員の奥様のお宅で生まれて初めてサイレント機能の付いたピアノを体験、問題解決に対処するグッド アイディア。

日本で言うマンション、それも204世帯を抱えるビル住まいの私がピアノの音が他の住民に漏れるのが明白な事に神経過敏になってしまって、防音の敷物をインターネットで探したり、ピアノに毛布をかけたりしているのを知って、同じくNY市でビル住まいをしている彼女は「一度 サイレントピアノをさわってみたら」と私を自宅に呼んでくれたのです。

ピアノに取り付けた機器のスイッチを入れてイヤホンを頭から被ってピアノを弾くと曲はイヤホンから聞こえるのだけれどもイヤホン外は全くの音無。だから傍に座っていても全く聴こえて来ない。イヤホンを頭に被ってピアノに向かって座って、指の動きと同時に鍵盤の鍵が無音で凹んで行く様子を目にするだけ。

最近は殆どのピアノに3つのペダルが付いているけれどもアップライトのピアノの中で真ん中のペダルはダンパーであるピアノがある。私のもソオだけれどもダンパーのあるピアノなら機能の後付けが出来るそうだ。

ピアノの箱の中にコンピュータが取り付けてあって、ピアノのキーを叩いてもハンマーが弦を打たず、コンピュータがキーを感知して 音を出すというもの。それが ちゃんと曲になっている。
難点はキーの打ち方が不揃いだったり未完な打ち方であってもコンピュータが感知してしまって均等の音を出してしまうので 実際は弾き方にバラつきがあっても指が揃っているように聴こえてしまうという短所がある。つまり聴いているのは実際に弾いているのとは違う場合の可能性が大いにある。

でも 楽譜を取りあえず弾く練習の目的には非情に良い。練習したければ真夜中でも出来る。自分の時間が持てたと思ったら夜が更けていてピアノを弾く時間を持つのが困難という問題も軽減する。

しかし不思議なものでサイレント機能を入れたのは ほんの2−3分で、無言の合意ででもあるかの様に彼女はサイレント機能は外してしまった。やはり物足りない感がするのは確か。二人で交互にいろいろな曲を弾いて交換して、ここは楽譜はコオなっている、あそこはアア、ここは腕をこんな感じにしたら音がコオなって、とピアノを弾きながら話しを弾ませる。

ピアノ仲間のグループ学習の様に独りで取り組む曲やピアノに対する思い入れ、また自分とは違ったスタイルを聴いて あれこれ交換しあうというのは非情に前向きで明るい。

ピアノは感情を入れるという問題が何時も付いて回るけれども、感情を入れるとは腕や手首や肘や肩などの動きにもかかっているのでは、内面が動きになるのであって、それが感情を入れるという事にも繋がる。例えばバレエ、バレエは動きが全て感情を表現するように。

あるいは彼女が言うように この部分は指先から涙がこぼれ落ちるように、、。言えている。

その日の気分によって曲の感じや選曲も変るという事は 感情がなせる事だわ。

「Don’t think. Just dance」とは リンカーンセンターとニューヨーク シティー バレエを設立した今は亡きジョージ バランチンの有名な言葉だけれども すごくインパクトのある言葉ですよね。

やはりピアノ仲間のグループとピアノの先生が私には必要だと ひしひしと これこそ感じた日。確かにピアノを弾くのは本人で、練習も本人で 本人が自分で掴むものであるにつきるけれども、自分では見えない部分というものが必ずあるもの。音楽は独りよりもグループが必要だわ。
[PR]
by nerdy | 2009-07-25 15:23 | 日記
リヴィエラを撃て 上巻 下巻
著者: 高村 薫
新潮文庫 1992年出版

とても面白くて 引き込まれてしまう本。

後書きは高見 浩氏が書いている。それによると高村 薫嬢はション ル カレの著書を読まれたそうだ。

ジョン ル カレの著書を何冊か私は熱中して読んでいた頃があるので、成る程、少なからず影響を受けているのは確かだと思った。

ジョン ル カレが外務省に勤務した事もあり、それと同時に情報員でもあった経歴が彼の著書を完成させたとすると、もし高見 薫に其の方面との係わりが全く無かったならば その文才はすごい。

アイルランドとイギリスの在り方が生んだテロリスト、香港返還を巡る陰謀、日英米中の警察やスパイ機構の複雑な情報網や騙し合い、守銭奴の国政と其れを隠す為の連続殺人といった内容が暗いにも係らず其所に著者の主張や偏りが目立たずに単に小説として提出して、後は読者の自由にというスタイルが絶妙で、しかも非情に風通しの良い本。
 
そもそも この本を読みたくなったきっかけは、私のブログに投稿して下さるロティさんが「リヴィエラを撃て」の中に登場するピアニストの演奏がポリーニの演奏を表しているという噂がある事を投稿して下さったから。ポリーニ熱が燻っている本なら読まずにはいれない。

登場するピアニストはアイルランド出身で名前はノーマン シンクレア。
ポリーニとシンクレアを既に重ねてしまった私は、上巻 下巻を通して紳士的なシンクレアが登場する度にポリーニが浮かんで来る。演奏だけがポリーニである事を忘れないようにしないと。

金髪で青い目で、急にピアノ界から消えて、しかも独り身で、まず読み始めの頃に私の脳裏をかすめたのはクライバーンだったけれども、それも束の間の像として消えた。

シンクレアの表情や落ち着いた目や身のこなしや柔和な外観、その外観と共存する異質の面、つまり友としてなら最高だけれども敵にまわしたら恐いシンクレアがポリーニと重なる。

ピアノの音や演奏の表現もポリーニを思わせる。ブラームスのピアノ協奏曲第2番変ロ長調を東京のサントリー ホールで弾く場面を下巻の231ページで文章化している。231ページは読んでのお楽しみ。

ポリーニが弾くブラームスのピアノ協奏曲第2番を私は聴いた事が無いのだけれども 第一番は頻繁に聴いている。しかし第1番と第2番は違うのは当たり前ですが。

小説と現実を同一化するのは滑稽な話だけれども、高村 薫の脳の片隅にジョン ル カレが眠っているならば ポリーニも刻印を残している可能性がある。人の心にインパクトが強いポリーニなので高村 薫にも残像して不思議はない。

本のストーリーよりも1人の登場人物に過ぎないシンクレアを追って読んだ本でした。
[PR]
by nerdy | 2009-07-25 13:37 | 読書
Emil Gilels


ポリーニがシューマンのこのSymphonic Studies 13番集を溜め息が出るほどに素晴らしい演奏でCDを出している。 

ギレリスという名前は どこか薄らと記憶に残層しているのですが、今は亡きギレリスの録音が、you tubeで しかも録音が現代ほどに発達していない中、さぞかし 生演奏は息をのむようなものであったであろうに、、という感がしますよね。子供の頃 自宅で流れていた素晴らしいチャイコフスキー ピアノ協奏曲第一番 ドーナツ版の演奏者が確かギレリスであったような、、、、。

You tube に ギレリスが弾く数少ないショパン演奏の中にバラード1番があるのですが ポリーニとギレリスは接点があるような感がする。 
[PR]
by nerdy | 2009-07-19 11:25 | ピアノ演奏家
いよいよ夏ですね
e0037884_385350.jpg

この状態を保つのも束の間で、アッと言う間に2本とも私が1人じめして空にし、、、
ところが、、、
e0037884_3111672.jpg

これまた幻想的
眺める角度を変えると、、、 
e0037884_3125573.jpg

[PR]
by nerdy | 2009-07-19 03:44 | ご挨拶