Nerdyな人が増えて来た喜ばしい日々
by nerdy
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
アバド&ポリーニのノーノ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ペライア&メータのショパ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ/ショパン・リサ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニのドビュッシー:..
from クラシック音楽ぶった斬り
アシュケナージのシューマ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ブレンデルのシューマン:..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ&アバドのブラー..
from クラシック音楽ぶった斬り
カラヤンのシューマン:交..
from クラシック音楽ぶった斬り
リヒテルのシューマン:ピ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧
いよいよ夜長の秋
e0037884_11135214.jpg

今年のスイカ食べ納めになりそうな嫌な気配、、、
e0037884_11213674.jpg

でも、これからの夜長、これさえあれば幸せ。
[PR]
by nerdy | 2008-08-30 11:32 | デブリカショー
ゴジラの正体は猫だった
e0037884_9365291.jpg
e0037884_9355847.jpg
e0037884_9392466.jpg
e0037884_9401443.jpg
e0037884_9411792.jpg
e0037884_943320.jpg
e0037884_9445835.jpg

[PR]
by nerdy | 2008-08-24 09:52 | デブリカショー
ポリーニの素晴らしさ
あっぱれなポリーニファンの方がいらっしゃる。
なんと本に掲載されていたポリーニの自宅付近の写真一枚を頼りに日本からミラノに飛んでミラノの街を歩き回り、遂にポリーニの自宅を見つけたではないですか。そして勇気高らかに扉をノック、ポリーニが出て来たんですよね。私は羨望の眼差しあるのみ。

実際にポリーニの自宅に出向くのは最初から諦めている私は
今年3月の復活祭に用意した白い百合の花がポリーニを思わせたので其れを捧げる事にする。
e0037884_2342411.jpg

[PR]
by nerdy | 2008-08-16 23:58 | マウリツィオ ポリーニ
夕立の後の虹
e0037884_811945.jpg

我が家のバルコニーから東方に見えて、アッという間に消えた虹
[PR]
by nerdy | 2008-08-16 08:28 | 楽しさ系
苦悩に満ちながらも晴朗な波
ポリーニが今は亡きノーノが作曲した この曲を弾く所をかなりのクロースアップで観れます。電子音楽調のフォルテシモの1音を時には2本の指で打ったり、親指の指先を他の一本の指の第一関節に添えて支えて打ったり、、、、。
ポリーニの演奏
続き
[PR]
by nerdy | 2008-08-03 00:35 | マウリツィオ ポリーニ
A Trail On The Water
作曲者の ルイジ ノーノ、指揮者のクローディオ アバド、ピアニストのマウリッイオ ポリーニ、この3人組のドキュメンタリー 「A Trail On The Water 海の航跡」がYou Tubeで紹介されているので 下記に貼付け。話している場面は英語の字幕入り。下の青字をクリックしてみて。
6つに分けてあるから少々面倒は面倒。
A Trail On The Water 1
以前にカーネギーホールでシューマンのピアノ協奏曲をリハーサルしている場面が入っている。この曲は今秋10月のカーネギーホール リサイタル初日にボストンフィルと協奏予定。
A Trail On the Water 2ベニスの街とそこからの聞こえてくる音の作曲、とシュンバーグの交響曲入り
A Trail On The Water 3若い頃、マウリッイオ ポリーニは眼鏡をかける時があったんですね。
A Trail On The Water 4「苦悩に満ちながらも晴朗な波」ポリーニの演奏、マーラー作曲のシンフォニー入り
A Trail On The Water 5多分「力と光の波のように」 (?) のリハーサル?
A Trail On The Water 6ポリーニがリハーサルを監督している場面入り。微笑んで指揮者に歩み寄って「最後はフォルテシモに」と言っている。

現代音楽にも知識が少ない私にとって、ノーノ や Gustav Mahlerやシュンバーグという作曲者を知った事は幸運。

DVDが出ているので購入予定。何故か? 10月に予定されているカーネギーホールのリサイタルを聴きに行く時にバッグにしのばせて行って、サイン会が またあれば、今度こそは列に並んで順番を待ってサインしてもらうつもり。

この録画でマウリッイオが少々痩せているように見える。写真でこれだけ細いと実物はもっと痩せていたのでは、、、。夏やせかもね。
[PR]
by nerdy | 2008-08-02 23:46 | マウリツィオ ポリーニ