Nerdyな人が増えて来た喜ばしい日々
by nerdy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
アバド&ポリーニのノーノ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ペライア&メータのショパ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ/ショパン・リサ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニのドビュッシー:..
from クラシック音楽ぶった斬り
アシュケナージのシューマ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ブレンデルのシューマン:..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ&アバドのブラー..
from クラシック音楽ぶった斬り
カラヤンのシューマン:交..
from クラシック音楽ぶった斬り
リヒテルのシューマン:ピ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2008年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧
暑中お見舞い申し上げます
e0037884_11574412.jpg

グラスの中の飲み物に前足を浸したい今日このごろ

e0037884_11581945.jpg

なんといっても水瓜

[PR]
by nerdy | 2008-07-28 12:18 | デブリカショー
ポリーニのロンドン リサイタル
ポリーニのピアノ演奏を愛する方のこのサイトでポリーニのロンドン リサイタル ラジオ放送をインターネットで聴ける事を知り、早速、ここに紹介します。
7月3日から7日間はリサイタルの録音が聴けます。
Performance 3で黄色のマイクロフォンをクリックすると初めの30秒間ほどはイントロがあって、それから いよいよ本番。ショパンに感銘するシューマンがショパンに捧げた曲集クライスレリア−ナ、それとショパンのマズルカ op33の4曲、ショパンのスケルッオ#1、それとドビッシイーの前奏曲集1巻全曲、それとアンコールで3曲そのうちの2曲がショパンのエチュード「革命練習曲」とバラード1番、という豪華版ですよ。クリック、、クリック、、。

少しだけイタリア語アクセントのポリーニの英語も聴けます。ポリーニのシャガレ声は、、、と私は思っていたけれど完全に其れは間違い、非情に低音で しかも話し声までが最高の最高。
タバコの吸い過ぎが声の中に感じられると思う人も居るかも知れませんが、それは あのイタリアの美味しいカプチーノやエスプレッソ コーヒーで潤せば 問題ないこと。

このリサイタル、ポリーニは波に完全に乗ってます。体調も最高そうで なにより、、、と年配扱いするのは大間違いで、まず今の演奏を聴いてみて。ルービンシュタインとポリーニ、この二人は20世紀、21世紀をかけた100年間の時代を背景にして生まれた類を見ない偉大な唯一のピアノ弾き。

ポリーニが弾くマズルカを聴くのは私にとっては初めての事、、リズムまでが特有のマズルカを如何にポリーニが解釈するのか、これは非情に興味を抱く人も多いと思う。遂に聴けますよ。ラジオ放送のアナウンサーが言うには、シューマンがショパンのマズルカを「花々に埋もれて潜む鉄砲」と表現したそうです。

このマズルカ4曲は この秋10月のカーネギー ホールでのポリーニ リサイタルでも演奏される。
それと、ベートーベン ソナタ #17「テンペスト」、#23「熱情ソナタ」、シューマンの「ファンタジー#17」、ショパンのマズルカ op33の4曲とスケルッオ#2。

この選曲の素晴らしさ。
ポリーニのピアノ演奏は信じ難い程までに世紀を越えた もう時間と次元が違う段階とまで言え、人をして1日たりとも聴かずに日が暮れない日は有り得ないピアノ演奏であるばかりか、選曲の深さも流石ポリーニと感銘、ポリーニの存在は音楽の宝庫、ポリーニの作曲家研究やピアノの研磨という背後は想像を逸するものなのでしょう、と思う。深いポリーニが実在する事は幸せと言える。
[PR]
by nerdy | 2008-07-07 01:20 | マウリツィオ ポリーニ