Nerdyな人が増えて来た喜ばしい日々
by nerdy
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
アバド&ポリーニのノーノ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ペライア&メータのショパ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ/ショパン・リサ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニのドビュッシー:..
from クラシック音楽ぶった斬り
アシュケナージのシューマ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ブレンデルのシューマン:..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ&アバドのブラー..
from クラシック音楽ぶった斬り
カラヤンのシューマン:交..
from クラシック音楽ぶった斬り
リヒテルのシューマン:ピ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2007年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧
2匹の猫?
私は猫2匹と生活しているようなものなのです。猫2匹とはデブリックと我が夫の事。

野鳥を飽きずに眺めていたり、あの野鳥うわ〜とか言って興奮したり、ボールの後を追いかけて喜んでいるのも同じ。
デブリックはピンポン玉で、ウチの人は野球のボールという違いだけ。48歳以上でないと入れないという野球チームに入って、ナイターの試合を時々して帰って来る。応援に来てよと言われない限り、別状なし。
カリカリしたポテトチップやナッツとビールは欠かせないのと、ドライフードと水は欠かせないのも同じ。そこら食べ散らかすのまで同じ。掃除機をかけるのが嫌いなのも。遊ぼうよ遊ぼうよも。

ところが野鳥の写真、意外と私、気に入っているんです。
これ失敗作と言っていますが私、意外と惹かれる写真。
Sandpiperの写真
e0037884_365275.jpg


これはBlue Swallow
e0037884_395671.jpg


これもBlue Swallow。この箱の中に卵か雛が居る模様。一匹は見張りしている感じ。
e0037884_375148.jpg

これは Osprey。昼間の月が出ているでしょ。
e0037884_311465.jpg


以前は双眼鏡で眺めていたのですが、それが拡声器のような望遠鏡に変り、最近、其の望遠鏡に私のNikon Coolpix 4500 のデジカメを取り付ける事を考えついて、凝り始めた模様。
双眼鏡の時は歩きながら見るので私も一緒に行っていたのですが、筒のような望遠鏡となると、三脚を一カ所に据えて、其所にジッとしている事が続くので私はチョッと御免こうむる事にしている。
もうすぐ私のカメラでは物足りなくなるのはず。ネットによると Nikon の Coolpix系が望遠鏡に付けるのにベストと知ったそうです。もう少し、調査した方がイイはず。
[PR]
by nerdy | 2007-05-30 03:32 | デブリカショー
可愛さの凝縮とは猫のこと
非常階段に来る鳩達を見るのを毎日楽しみにしている。♀の鳩ならジッと見るだけ。直感で♀♂が分かる模様。ひょっとして此の鳩はお腹の中に卵があるのかも、、そんな雰囲気。
♂の鳩には、こんなにおとなしく座って眺めてはいない。あとは風呂場に時々居る羽虫や衣魚を追いかけて口にして、口内にひっついて取れないから不味そうな顔をして食べる。蚊の時期は蚊に刺されるのか蚊を追いかけるのか、、、。然う言えば今年はゲジゲジを見ない。猫が居るのをゲジゲジも分かるのかなあ。
e0037884_533250.jpg



この寝姿、、猫被りは続きませんね。
e0037884_593074.jpg



怖がりなのに隠れ方だけがデブリックは上手ではないのです。自分が見えなければ人はデブリックを見れないと思っている?
e0037884_5132494.jpg



水飲み場の1つ。私の石の収集を置いても触れたり崩したり食べようとしなくて賢い子。
e0037884_5144963.jpg

[PR]
by nerdy | 2007-05-22 05:44 | デブリカショー
緑一色
バルコニーの鉢植え達。
酷寒の冬の強風と地熱が無い状態で年を越える困難さ。
それでも懲りずに 「同じ事を続けて、違った結果が出ると期待するのはアホみたい」とアインシュタインが言ったのを私は無視し続け、、、もう諦めて10年以上も過酷な状態に生き延びてくれた木を大切にする事にした。「彩が無くて寂しいわよ」でM子がくれたスミレだけが一年草。
e0037884_237050.jpg


これはミント。ミントは強い薬草。カラカラに枯れても翌年はこうして芽を出す。この葉を何枚か急須に入れて熱湯を注いで出したミント茶が胃に心地よい。薬草だけは更に何回か繰り返して試みて違った結果を期待する事にしようと思っている最中。
e0037884_2391384.jpg


ケアーフリーという名前に名前負けしないピンクの小ぶりの薔薇。10年以上決まって年2回初夏と秋に咲く。
e0037884_239406.jpg


これは単なる岩の欠片じゃない。よおく見ると古代の貝の化石に決まっているのよ、、が見えるでしょ。ガンガン金槌で叩いて持ち帰ったもの。
e0037884_23393380.jpg


デブリカショーは、可哀想だけれど落下の心配があるから此処に出さない。猫用の散歩綱で猫にはめるのに猫と格闘しなくて済む綱が見つかったら出してみるつもり。
e0037884_23444992.jpg

[PR]
by nerdy | 2007-05-22 00:05 | 日記
ニッポンが好きだから
さあ、今日から3ケ月の長い夏休み。ついでに3ケ月間は小遣い収入なし。

脱サラして以来、私は自立の生活力を完全放棄して自分の時間を持てるフリーターの立場をこよなく愛し、しかも夫にオンブの抱っこの贅沢が可能な幸運を堪能している。ひとたび此の味を味わうと、もう止められない。こう出来る時は其れを楽しむ事が私に必要であったから生じた事で、其れは良い事で、決して「蟻とバッタ」のバッタとは思ってはいない(汗)。

日本国を離れて28年なのに日本国の姿がそのまま太平洋を越えているのが私そのものの姿である。つまり自立力無しなのに無茶を夢見たり大言を吐いたりするという典型である。

アメリカ式なら、私はまだまだ定職を放り出してフリーターになるには速過ぎる年齢ではあるけれども、勤労の尺度は尊重している。勤労で我利我利にならない限りは勤労とは楽しいものである。

「勤労の義務」、ついでに「納税の義務」と「義務教育の義務」という3つの義務のみが日本国憲法で国民に課す義務であり、後は権利と自由である、というのを 「ニッポンが好きだから」瀬戸内寂聴と桜井よしこの対話の文庫本に書いてあった。なるほど、これは日米共通だ。

瀬戸内寂聴さんの本は過去に1冊だけ読んだ記憶がある。其の時の印象が私には悪かった。つまり本の文章が絵画的に詳細に描写し過ぎで、読者の私に舞台装置を設定させる余地を残さないと感じた。それっきり遠ざかっていたが、これから瀬戸内寂聴さんの本を読んで行こうと思う事になった本だ。そこでブックオフで「愛と祈りを」を買って来た。題名が気に入った。

瀬戸内寂聴さんや桜井よしこさんは、なかなか言うよね。そうだよね、日本が好きでないなら、国を司る者達に対して熱意も抱かないし、あそこまで行動が伴い、しかもハッキリと発言して出版までしない。

「国が何を私達にしてくれるかではなく私達が国に何が出来るか、である」と言ったケネディー大統領の演説を思い出した本でした。
[PR]
by nerdy | 2007-05-19 06:07 | 読書
マウリツィオ ポリーニの夜
休憩時間後の彼のベートーベン ソナタ、、、もう、あそこまで行くと神懸かり、、と言ってしまえば簡単だけれど確かに音感やスピードや反射神経といった才能や神経網が生まれつき鋭敏であったに違いないだろうけれど、、、こういう人って、、、ピアノ人生の本を書いてくれないかなあ。

今年65歳、、、 外観も若いよね、銀髪になっただけの18歳。
ベートーベンが生きていたら、ここまで弾ける人にやっと巡り会ったと、喜ぶだろうな。
あのひ弱そうな体格に柔和な面、人って外観じゃ分からないもんだわ。
標高の高いエベレストかアルプスか、万年雪の尾根に一頭で佇むヤギのイメージ。

丸天井のメイン ホール、スターン ホールは何処の席でも問題ないと私は思う。私の席はパーケーのT24、前列から2/3ほどの最も右端。ここしか残っていなかったのだけれども、それが結構、気に入った席。ポリーニの前面から長い対角線を敷いた最後の点、、両手は全く見えないけれどもペダルがモロに私の目線にある。転んでも ただじや起きない性分が好に転じ、彼のペダルの使い方から少し学んだ。

ところで、ステージ上の特大に長いコンサートグランドはポリーニ個人のスタインウエー ピアノ。イタリアから飛行機に積んで持って来たもの。これはカーネギーホールのアドミに電話して、教えてくれたから事実と出来る。多分、調律師も連れてきたのだろうか。そうだろうね多分?
そりゃそうだ。専門家は自分のピアノを使うよね。

聴客に向かった側の横にロゴと名前が金文字で書かれていたけれど、スタインウエーのロゴじゃなさそうで、休憩時間に読みに行くつもりで少しは近くに行ったのだけれども人々が立っているから諦めて遠慮した、、、ちょっと後悔。

丸っぽいロゴはイタリアのディーラーのロゴで、横の文字は、、、アドミの人も知らなかった。ディーラーの名前だろうね多分。ピアノ発祥の地イタリア、、、
ところで、ピアノはピアノフォルテの略語とは知らなかった。蛍光灯だね、私は。

実に Fruitful Evening でした。
[PR]
by nerdy | 2007-05-14 22:45 | マウリツィオ ポリーニ
マウリツイオ ポリーニ
Maurizio Pollini マウリツイオ ポリーニが 12日土曜日の夜、カーネギー ホールに来るんですよね。
棚から落ちて来た牡丹餅とは此の事で、私、1人で聴きに行くんですよね。

演奏予定の曲はカールハインツ・シュトックハウゼンの2曲と、シューマンの曲とベートーベンのソナタ1曲。

ポリーニのCDは、しょっちゅう聴いているけれど、、、、この人、、、オー マイ ゴッドオ、、、。あごが外れて口が閉まらないとは此の事。

ここまで人間の可能性の極限のそれ以上まで行ける人は、現在、居るだろうか。多分、私が知らないだけのことかも知れない。

ウイキペディアは何処まで情報源として重量があるか否かは全く知らないのですが、その一部に

(He) displays an absolute technical sovereignty over the piano, but is sometimes criticized for his emotional conservatism.

となっている。
Emotional Conservatism、、、、emotional conservatism、、、、
Emotional Conservatism、、、、頭蓋骨の空洞に何回も何回も響く、、、。

CDで聴く範囲では、出だし早々からワッと大波のように迫ってくるのが彼の高度に極めきったテクニックなので、聴く側は其れに引き込まれてしまう可能性が充分にある。
Emotional conservatism と言われるismが仮にあったとしても、またEmotional Conservatismでないのは ノン コンサヴァになるのか否か、、、どちらにしても、ポリーニと音が出すemotion の動きや流れは指先だけに集中し、その蒸気の抜け穴は指先以外に拡散されていず、それが音に凝縮、昇華して強く現れている。

つまり聴く側が、極めきった運指や其の継続と音の輝きやテクニックの迫力と両腕のバランスや鍵盤へのアタックの向こうに表現されているemotionを聴かない、、という現象を生む危険性もある?

どちらにしても、個人の好みと言えば言える事だけれども、この人、ちょっと普通じゃ、ちょっと、、、
[PR]
by nerdy | 2007-05-11 11:54 | マウリツィオ ポリーニ
人間猫?
e0037884_22252852.jpg

蛇口から細く水を流れさせておくと、いつもこれ。
しまいには手足も顔も耳も尾も水浸しになって、それでも水遊びが続く。なにしろ水好き。
狼少年ならず人間猫、、、。
[PR]
by nerdy | 2007-05-08 22:32 | デブリカショー
自信のなさと不安感
共感チョコレートのnatsutouさんが、この北海道新聞のサイトを紹介している。

外国人と日本人の婚姻にかかる日本国内の様々な模様、特に日本で生まれる子と、外国人に対する見方が如何に間違っているか、国の法が其の間違いを正すのではなく寧ろ其の状態を作り、しかも更に其の状態を助長していき、其れが正しいとされる狂気。

日本を28年前に離れた私達家族には日本国内の其れに関する問題に直接のインパクトは無いですが、此の法が悪法であると思う私の気持は少しも変っていはいない。

重国籍要求のサイトで署名を募っているので私は署名したいのですが、日本政府に提出するものであるだけに、署名出来る条件が日本国籍者であるのは理解できる事で、しかも日本国籍者の著名でないと其の力が弱くなる。

母権を認めるようになり、日本で重国籍として子供が育つ事が出来るのは良い事ではあるのと片手落ちに、日本で生まれて育って来た若者が一定の年齢に達した時に、父母どちらかの国籍を選べ、と国が強要するとは何事か。自信の無さから生じている其のふてぶてしさにも程がある。

私も外国籍の人と日本で婚姻して色々と体験した者であるけれども、その為にそれまで本当には見えていなかった真の日本国の本性が明らかになっていった訳で、これは感謝している事でありますが。

それまでは外国人に対する日本政府の方法に「可哀想な事をする」と思う他人事であった訳で、いくらでも綺麗ごとを言うのは容易ではありますが、それが重要であるとも思うけれども、イザとなった時の在り方の方が更に重要で其れが其の人や集合体の真の姿だ。

単独国籍に安心する事自体で既に日本政府は如何に自信が無いか、価値観も風の向きでコロコロと変る事を自らで明らかにしている。
形が快く、内容は避けたい、、、という典型である。しかも他所からの借り物に安住して責任転化をする。

更に日本は宗教に寛容で、しかも日本は八百万の神の多神教で、、とまで言う著名人も居て、最近、特に古の日本への懐古で神道がどうのこうのと認めるような風潮が出て来ていますが、情勢の成り行きでそう成っているだけで、本当に神道を認めてなどいない証拠である。

本当に認めているなら、多神教と一神教などと口が避けても言わない。神道にとって迷惑な話しであるに違いない、とは気づかないのだろうか。再度、神道を材料に都合良いから好き勝手に使い始めて権威の安泰にすがるグルグル回りが始まる。

何処の国も病巣はありますが、日本の病巣は、大和民族という選民意識、アイデンティティーの欲望の歪みが日本の宗教になっている所にある。それが日本国籍法の非法悪法の原因でもあり、それが齎す弊害に苦しむ人達が日本に沢山居るという事だ。勿論、海外滞在が長く、アメリカ市民にも成った私個人の問題でもありますが。

今まで扱った事の無い例ですから、、という弁解は、もう通用しない時代である。
最近の変化、、変化、と最近を問題視する傾向も、何を尺度にして問題視するのか、、、蓋をするのに効力がなくなり、内部が出だして、形の方を尊び過ぎる日本の文化が窮地に追い込まれている。
何千年という歴史の中で中国や朝鮮半島などの他国の其れと並べてみて、日本列島への外からの侵入が非情に少ない歴史で経験が浅い事からの自信喪失が原因ではないだろうか。
[PR]
by nerdy | 2007-05-07 13:56 | 単独国籍
ポルノサイトも芸が必要
何が何だか分からないけれど、「良いサイト」「消すなあ」とガンガン毎日のように送って来る英語ブログサイト紹介がある。 英語の語順も故意に変えて英文を綴っている。そんな事に苦労するよりもエスペランド語かラテン語かサンスクリットか漢文かで書いたら如何がなものだろうか、、、と書いても別に日本語が読めるはずないし。だからといって、ワザワザ英語で書いてあげる必要もなさそう。

御陰で私は其の投稿を次から次へとドンドン消す為に、ほぼ毎日、真面目に自分のサイトにアクセスする事が出来る。

しかし、こうも私とよく似た、別に体制に影響のない事ばかりをツラツラ書くサイトも有ったものだと感心する。その点は別状ないのですが問題は相手はセックスをズバリと材料にしている点にある。言わせてもらえば其所に芸が無いからドンドン消す。別に三島由紀夫の「雛の宿」や「鍵のかかる部屋」の様に書いてよと圧力をかけるつもりは無いですが、英語訳の源氏物語も本屋にあるのだし、浮世絵の展覧会に行けば、壁には掲げられていないけれども春画集の本を普通は置いてあるのだから其れを少しは研究して芸を磨けば、と親切心が出ますね。

もう即、消す。面倒な話しよ。
[PR]
by nerdy | 2007-05-05 03:33 | うっぷん
遂に横浜中華街の味
また餃子に挑戦、
合計47個の生餃子二段重ね
遂にやりましたね、餃子屋の味になりましたね。
e0037884_12265729.jpg



実は、、、、近所の「さくら屋」で此れを買ってしまったのです。
e0037884_1229506.jpg
 

袋に「横浜中華街」と書いてあるし、製造元の住所が横浜市港北区となっていると誘惑についつい。

中に入れる具に使った材料は

黒豚のミンチ (さくら屋に置いてある冷凍)
白菜
キャベツは省略
ニラ少々
ネギ少々
生椎茸少々
横浜中華街の餃子の素

「これエクセレント餃子」と夫は言ってペロリと11個
「秘訣は何?」で 
秘訣は内緒で、、、私のシメシメが長続きせずじまいで横浜中華街を種明かし、、、。 
「これから其れ使ったら」で何という事はない。

この餃子の素は液体で、胡麻油と酢と醤油とニンニクと赤唐辛子と中国の何とか言う木の芽の香りがしていた、、、今度は餃子の素に挑戦、、、よりは此の餃子の素を使った方が得策そう、、、でもなんとなく、、、こういうのって頭の中にこびり付いたら離れない、まるで同じ音楽のメロディーが何回も何回も繰り返して流れるような、、ようは「しつこい性分」というものが頭角を現す、、、今度は餃子の素に挑戦してみようっとで。

残りの25個の生餃子は冷凍保存しかないけれど、冷凍して売っていたミンチを再度、冷凍しても大丈夫なのかなあ。焼いてから冷凍した方が良いのかなあ。
生で冷凍する事にした。
[PR]
by nerdy | 2007-05-03 12:40 | 日記