Nerdyな人が増えて来た喜ばしい日々
by nerdy
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
アバド&ポリーニのノーノ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ペライア&メータのショパ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ/ショパン・リサ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニのドビュッシー:..
from クラシック音楽ぶった斬り
アシュケナージのシューマ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ブレンデルのシューマン:..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ&アバドのブラー..
from クラシック音楽ぶった斬り
カラヤンのシューマン:交..
from クラシック音楽ぶった斬り
リヒテルのシューマン:ピ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

ニューヨークタイムズ紙のポリーニ リサイタル レビュー
ニューヨーク タイムズ28日付でポリーニのカーネギーホール リサイタルのレビューが掲載されている。ここをクリックしてみて

音楽観賞後の評論というものは、それを書いた人の個人的な観点であって決して普遍的なものでは無い事を承知で読むものである。

このレビューを読んで私はAllan Kozinnという評論家に興味を抱いたのでネットで検索してみた。ここをクリックしてみて

はやい話しが私はAllan Kozinnのレビューを好きになれない。勿論、彼が感じとったのだから それが当日の彼の感想で参考として読むのに価値が無いとは思わないけれど。

まずレビューの表題 Attacking the Piano With His Forcefulness, as Usual、 これはレビューの最後の節と繋がっているのは明白。

私の個人的な観点からはポリーニのスタイルを私はForcefulと思った事が一度も無い。Powerfulとは思う。Powerfulとは pp であっても ff であっても sf であってもPolliniはPowerfulである。反面 Forceful とは、むしろ意識して無理に力を入れるといった意味になる。ひょっとしてAllan Kozinn は音楽評論家だけれども彼が弾いて知っている楽器はピアノではない可能性がなきにしもあらず。或は単にポリーニ ファンでは無いというだけの事かも知れない。

さらに、マズルカ#3を Allan Kozinn は gently rocking quality to Mazurka No. 3  と聴いた聴き方は浅い。

今回のリサイタルはベートーベンで始まって真ん中にシューマン、そしてショパンに入って終わる。しかも選曲に一環性があり、アンコールの曲も含めてノクターン8番以外は、どの曲も過言すれば感覚に類似性がある強い曲だ。

If you like this aspect of Mr. Pollini’s style — his forcefulness and muscularity, and his ability to create the sense that the piano is inadequate to the music’s demands and his own — his tendency to apply the same expressive effects to every work on the program was not a deal breaker. Judging from the standing ovations at the end of each half, most of the audience took that view.
と書いているけれど 「起立して拍手を送った聴衆も其のVIEWを抱いた」と何故に分かるのか? 私も其の聴衆の1人である。

また Mr. Pollini’s style — his forcefulness and muscularity, and his ability to create the sense thatうんぬは、Allan Kozinnがポリーニのスタイルを其の様に解釈しているのであって、私の解釈とは全く違う。

私のPollini styleの解釈は、まずポリーニは弾き込む時の圧力とフワッと圧力を抜く時の構えの見事なスタイル、それと切れ切れでない指の繋がりと流れで素晴らしいアクセントやスラー、フレーズの仕方が生かされ、同時に休止符という間が冴える。それがポリーニのスタイルの中で際立って私の耳に聴こえる。Forcefulnessとかmusucularityは関係ない事と私には聴こえる。

表題に関係してくる最後の節は、お粗末。Allan Kozinnはピアノに対して、或は音楽演奏に耳が無いと私はする。
[PR]
by nerdy | 2008-10-31 12:28 | マウリツィオ ポリーニ
<< Washington Post... マウリツィオ ポリーニのカーネ... >>