Nerdyな人が増えて来た喜ばしい日々
by nerdy
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
最新のトラックバック
アバド&ポリーニのノーノ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ペライア&メータのショパ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ/ショパン・リサ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニのドビュッシー:..
from クラシック音楽ぶった斬り
アシュケナージのシューマ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ブレンデルのシューマン:..
from クラシック音楽ぶった斬り
ポリーニ&アバドのブラー..
from クラシック音楽ぶった斬り
カラヤンのシューマン:交..
from クラシック音楽ぶった斬り
リヒテルのシューマン:ピ..
from クラシック音楽ぶった斬り
ルービンシュタインのシュ..
from クラシック音楽ぶった斬り
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

二重国籍
今回、日本に帰省した時に私の国籍に関して聞かれた。
日本の戸籍謄本から私が除籍になって×で消されていないので二重国籍となり、大きな問題に発展する可能性があるというもの。

「今、北朝鮮の拉致問題があるから、2重国籍者は刑務所に行く」
「日本政府に連絡しないと駄目」
と色々と言う。

しかし、連邦政府から法務省には連絡が入っている。法務省が問題視すれば私の所に勧告が来て、その時にドチラかを選択する意思を表明しなくてはならないようだ。
例えば私が自衛隊に入るとすると、日本ではアメリカ国籍が問題になるかも知れないけれど、アメリカでは私が日本の自衛隊に入ったとしてもアメリカ国籍に影響はない。

「アメリカも二重国籍は認めていないでしょ」
と言うけれど、そう白黒付けるものにはなっていない。原則的に二重国籍は認めている。余程、一方の国籍を捨てたい理由があって、それを合衆国が認めなければ延々とアメリカ国籍が続く。税金問題が起こるけれど、それは居住地、非居住地による、という日数等で落ち着く。

日本の国籍法によると、違いがある様だ。

例えば1985年以前は日本は父権に従う国籍法であった。個人的には、1985年以前に京都で生まれた私の長女はアメリカ大使館の管轄下に置かれた。私という母が娘を日本国籍にする選択肢は無かった。一方的に決められてしまう。1985年以降は母親の選択肢も求めているが。
こうなると、これは仮説だけれども長女が日本国籍が欲しい場合、今からでも日本国籍を貰えるのだろうか。この様に法律が変われば立場や状況が変わるというのは、丁度、お金の価値が相場で高くなったり低くなったりするのと同じで、そもそも本当に価値があるものなら変動するものではない。

血でいくのに、何故に他国籍を取得した者は日本国籍を失うという事になるのか。
理屈じゃないの、心なのよ、は日本的と言えば日本的。しかし、この心の解釈自体に欠陥がある、という事もありえる。

「領事館に知らせたの?」

知らせなくては駄目だったのだ。在米日本領事館に国籍喪失届を自ら好んで提出する必要があるのか。自らの意思を表明するには自らの其れこそ心の表明をする事になる。2001年以来、5年も領事館に知らせずに来たから、ひょとして私はもう自動的に日本国籍は無いのか?
日本なら、しかねない。

早速、領事館に行って来た。ここは私は大嫌いな所だけれど。領事館は外務省の管轄だ。こうなると太古の昔の陸軍省、海軍省の間で全く情報交換が無く、相互に何をしているのか全く知らなかった、というのと類似している。

領事館の人が言うには

「強制でなく自分の意思でアメリカ国籍を取った人は日本国籍喪失届を出して日本国籍は無くさないと駄目です」

成る程。

日本は血で行くのをうたっているのに、何故に何千年間も日本人だった人の日本国籍が無くなるの?

仮に私が日本の兵役に付いたとしてもアメリカ国籍は無くならないのよ、と言えば、
「アメリカの事を言っているのでは無く、日本の事を言っているのです」
成る程。こういう国は少ない。

日本国籍を捨てたい意思の正当な理由は全く無いのですが、、、。

「それはアメリカのやり方でしょう」と来る。
お天道様に顔向け出来ない事はしたくない私は、まだ期限有効の日本のパスポートを見せると
「それを使っては駄目ですよ!」
と、分かっている事を言う。
「隠していてもバレるものですよ」だと。
バレるもバレないも、そんな気は毛頭なく、何回も言うようにお天道様に、、、。

日本入国の時や外国に行く時、私はアメリカ パスポートで入るけれど、日本入国の時は必ず、入国管理局の窓口の人は、名前から私を日本人と分かるのか、日本のパスポートは持っていないのですか、と聞く。
持っていると言うと、其れで入れば滞在期間制限はないから何時までも日本に入れますよ、と言う。しかし数年、使った試しは無い。

領事館の人は続ける。
「個人の意思で国籍喪失届を出すものなのです。」

意思で出すものであると言われても、国籍喪失の意思が私に無い。

つまり外務省ではなく、法務省から勧告が来ないのは、入国管理局の人が言う通り、灰色の部分が多分に在るから、という事になる。今、日本でも二重国籍に関して国会で話し合われている様ではある。それが北朝鮮問題が巨大化してしまって、スパイ扱いされても当然といった事を言われるハメになる。

国によって、例えば南朝鮮やフランス、カナダ、イタリアや各ヨーロッパ諸国は二重国籍を認めている。などと言っても日本はソオじゃない。成る程。

日本に行って何時も何事に対しても耳にするのは、「日本はそおじゃない」「日本人はそおじゃない」という事だ。しかも最近、アメリカ市民になった事で、日本人、日本人でない、を決めて人を解釈する。

この日本国籍という問題は、ペルーのフジモリ氏も二重国籍で通用してペルーで大統領にも成っているし、日本に行けば日本国民として通用している。
やはり大統領にならないと駄目?

日本が二重国籍を認めていない、という点を中心に発展する事である。

法務省のサイトを見ると、他国籍を取得して2年以内に選択しないと日本国籍が消滅する場合がある、となっている。どんな場合だろうか。

私は5年経っているが、戸籍は除籍になっていない。という事は将来、何があるか分からないけれど、京都で隠居できる訳だ。そして好きな京都をウロウロして過ごせる。

そもそも私がアメリカ国籍を取得した理由というものは日本国籍が厭なのではない。この辺りでアメリカが二重国籍を認めている現状の重点だ。しかし日本はソオじゃない。他国籍を取得したものは否応なしに日本国民にあらず、となる。

日米間で戦争でもあれば(在る可能性は無いけれど)私だけ家族と離れて日本に逃亡しなくてはならないし、しかもアメリアでも役所の末端の人は知識に乏しいから感情やムードや憶測で話をする事が多いので、私に何か有った場合、処理に家族が大変な目に合うからアメリカ国籍を取得、というのが理由。

スパイだ、拉致だと北朝鮮問題を大掛かりにして、根本的な所で日本は国籍に関して狭義的である。

これは方面を変えてもソオである。日本で生まれた韓国人の友人は、父親が韓国から日本に勉強に来ていた韓国籍の韓国人で、母親は日本人女性で、日本生まれの日本育ちで日本の学校に行きながら外国人に対する法律が適応されていた。

この辺り、日本国籍とは日本の島の中で日本の長い太古からの歴史の中に生きて来た家系を持つという事になる。そもそも其処を重用視する。

現代の日本人の家庭でも、もと何さま、もと何何、何何の人物の筋、とか、江戸時代からの身分制度に固執して社会的差別もあり、近親結婚が多いから血が汚いとか(こうなると、身分制度で高い所の人も其れにしかりで従兄弟同士結婚、伯父と姪の結婚、あるいは同じ家族から何代にも渡って養子を貰って血を保つというのも血が汚い事になる)、あるいは春高楼の花の宴、めぐる杯、陰さして、が根強い。

私は、こういう点に関しては日本が大嫌いである。それ以外は日本国籍を喪失したい届を出す内容は全く無い。

法律というものの落とし穴なのかも知れない。私は法律に疎いけれど、国際法が関与する必要があるように思う。

ようは国籍とは問題視すれば問題であり、問題視しなければ問題でないものの可能性もある。
そもそも国で惨事が有った場合に、二重国籍の人は、国の責任が二つに股がってしまう。これを問題視する事もある。ようは当人が鳥でも哺乳類でもないコウモリの様な扱いになる可能性がある。
とは言っても、例えば2001年の9.11の場合、国籍に関係なくアメリカは動いた。ここでもアメリカじゃないの、日本なの、と言われれば、日本はそうではないのだろうか。それよりも解決しなくてはならないのは、如何なる理由でも非合法で他国に入って市井の人と消え、身分証明が無い人の場合、何か惨事が有った場合に、その人の後を辿るのが困難である事の方だ。

日本に居る人達や、或は外国に出ている日本国である領事館が問題視するなら、日本国籍の喪失届を出してもいいけれど、しかし、自発的に喪失届けを出す、というのは、自発的でないなら強制である。

何故に日本は、二重国籍が大問題なのだろうか。
仮にスパイ問題としても、これは国籍に関係なく、外から送られて来た人以外にも、国内で近づかれた人の中にはスパイに成る人は成るもので、日本国籍、二重国籍、他国籍には関係ない。

フジモリ氏のような境遇になるのが夢である。
[PR]
by nerdy | 2006-12-07 03:33 | 単独国籍
<< 不都合な真実 天と地 >>